管理薬剤師を目指している方は必見です!

管理薬剤師の求人情報について

医薬分業が推進され、今や調剤薬局の数はコンビニエンスストアの総数を上回るとさえ言われています。それに伴って、この数年調剤薬剤師求人も増えていましたが、管理薬剤師の求人数は決して多くありません。

管理薬剤師の求人数が少ない理由は、調剤薬局で働く薬剤師の中から管理薬剤師が選出されるケースが多いことが挙げられます。そのため、外部から管理薬剤師を迎え入れるという形の求人は、おのずと少なくなるという訳ですね。
管理薬剤師

調剤薬局内で管理薬剤師を担える人材がいない場合や、担当者が辞めるにあたり、早急に人員を補充しな ればいけない場合になどに、管理薬剤師の求人が出ると考えると良いでしょう。

また、医薬品販売には管理薬剤師の常駐が義務づけられているため、ドラッグストアの新規出店の場合などにも、管理薬剤師の求人募集が行われます。ドラッグストアの管理薬剤師募集は、店長やマネージャーを兼任する形となるケースも少なくありませんので、応募の際には募集要項をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

管理薬剤師は役職手当が付くため、一般的な薬剤師求人よりも給与面の条件が良くなっています。それだけに、応募者が殺到しないよう、薬剤師求人サイト側で非公開求人となっていることが少なくありません。

また、雇用側も特定の求人サイトや転職支援サイトのみに求人を出すというケースも増えてきているため、管理薬剤師の案件を効率良く探したい場合は、複数の求人サイトに登録を行うことをおすすめします。

管理薬剤師の求人へ応募する場合には、自分の持つキャリアや実績、経験が職務に役立てられるかどうか、自分自身でしっかりと把握しておくことが重要となります。

管理薬剤師は、高いコミュニケーション能力や事務処理の速さ、薬学や法律、医療事務などに関する幅広い知識が要求される職種です。それだけに、履歴書や面接で自分の能力を如何にアピールできるかが、採用を左右するということを押さえておきましょう。