管理薬剤師の求人情報について

管理薬剤師の求人情報について



医薬分業が推進され、今や調剤薬局の数はコンビニエンスストアの総数を上回るとさえ言われています。それに伴って、この数年調剤薬剤師求人も増えていましたが、管理薬剤師の求人数は決して多くありません。

管理薬剤師の求人数が少ない理由は、調剤薬局で働く薬剤師の中から管理薬剤師が選出されるケースが多いことが挙げられます。そのため、外部から管理薬剤師を迎え入れるという形の求人は、おのずと少なくなるという訳ですね。

調剤薬局内で管理薬剤師を担える人材がいない場合や、担当者が辞めるにあたり、早急に人員を補充しな ればいけない場合になどに、管理薬剤師の求人が出ると考えると良いでしょう。
保健師の転職で年収アップさせるには?

また、医薬品販売には管理薬剤師の常駐が義務づけられているため、ドラッグストアの新規出店の場合などにも、管理薬剤師の求人募集が行われます。ドラッグストアの管理薬剤師募集は、店長やマネージャーを兼任する形となるケースも少なくありませんので、応募の際には募集要項をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

管理薬剤師は役職手当が付くため、一般的な薬剤師求人よりも給与面の条件が良くなっています。それだけに、応募者が殺到しないよう、薬剤師求人サイト側で非公開求人となっていることが少なくありません。

また、雇用側も特定の求人サイトや転職支援サイトのみに求人を出すというケースも増えてきているため、管理薬剤師の案件を効率良く探したい場合は、複数の求人サイトに登録を行うことをおすすめします。

管理薬剤師の求人へ応募する場合には、自分の持つキャリアや実績、経験が職務に役立てられるかどうか、自分自身でしっかりと把握しておくことが重要となります。

管理薬剤師は、高いコミュニケーション能力や事務処理の速さ、薬学や法律、医療事務などに関する幅広い知識が要求される職種です。それだけに、履歴書や面接で自分の能力を如何にアピールできるかが、採用を左右するということを押さえておきましょう。

薬剤師が高収入を目指して転職するにはどこがいいの?

難しい国家試験に合格して知識を身につけた薬剤師はできるだけ稼ぎたいと思うのは自然なことです。 薬剤師が仕事をしているのは病院・調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社などが思い浮かびます。 現状の労働環境に不満があって年収をアップしたいならば転職が考えられます。

ここでは、薬剤師が高収入を目指して転職するにはどこがいいのかを考えてみましょう。

1番目は<企業>へ転職することです。 製薬会社などの企業で働いている薬剤師の平均年収は600万円から700万円です。 多い人になりますと1000万円を越す高額な年収を貰っている薬剤師もいます。 一般的な薬剤師全体の平均年収は500万円から550万円程度ですから比較してみればかなりの高収入であることが分かります。

企業での薬剤師の仕事は(1)治験(2)流通(3)管理のいずれかの仕事に就くことが普通です。 <治験>の具体的な職種は臨床開発モニター(CRA)や治験コーディネーター(CRC)です。 製薬会社が開発した薬を人間の身体に投与して狙い通りの効果が期待できるかを確認する仕事です。

<流通>の具体的な職種は医療情報担当者(MR)や医療品卸販売担当者(MS)があります。 製薬会社が開発した新薬を病院・ドラッグストア・調剤薬局・医薬品卸業者に販売する仕事です。

<管理>の職種は管理薬剤師と言って新薬を開発する薬を管理する仕事や学術系や薬事に携わる職種になります。 求人案件の大部分は<治験>と<流通>になり<管理>の求人はレアケースです。

2番目は<ドラッグストアの店長>です。 店長クラスの管理職になると役職手当がつきますから年収はグーンと多くなり700万円レベルになるでしょう。

粘り強く店舗勤務をしておいて実力を発揮して支店の店長になり、さらには本部への勤務になったり、エリアマネージャーのポジションに抜擢されたりするとさらに高収入が期待できます。

3番目は<薬剤師が少ない僻地の調剤薬局>を狙うことです。 地方エリアでは極端に薬剤師が少ないところがあります。 しかしながら薬剤師がいなければ困るので調剤薬局は薬剤師確保が死活問題になり給料をアップして求人している場合があるのです。

以上、薬剤師が高収入を目指して転職するにはどこがいいのかを考えてみました。 しっかりと職種を決めることが大切です。 企業やドラッグストアの求人のように高収入が見込める職種を狙う方法もあります。 また薬剤師が不足してる地方では高収入を提示している調剤薬局もあるので僻地でもいいならば選択肢になるでしょう。

薬剤師求人で土日の休みが取れるかどうかの話

職場を選ぶ場合に土日の休みが確定していれば次のようなメリットがあります。 まず<プライベートの予定が立てやすくなること>です。 友だちや家族とのスケジュールも立てやすくリフレッシュできます。

次に<子どもさんの行事に参加しやすくなること>です。 運動会や授業参観は土曜日や日曜日に実施されることが多いです。 土日が休みならば参加することが可能です。

また薬剤師を採用する方も離職率を低くしてリスクヘッジができます。 きちんと休みを取れる環境ならば労働意欲も湧くからです。 離職率が高くなると仕事の効率が悪くなり業務に必要な最低限度の人数も確保できなくなります。 そうなると新規採用コストや時間が必要になるのです。

このように休日がきちんとしている場合は薬剤師にも雇用主にもメリットがあります。 では薬剤師で土曜日や日曜日がとれる職場について考えてみましょう。

1番目は<公務員薬剤師>になることです。 土日祝日の休みが保障されているのが公務員です。 けれどもまずは公務員資格を取得しなければならないというハードルがあります。 薬剤師の仕事でも民間の仕事とは全く性質が異なります。 休日が土日だけの理由で公務員薬剤師を目指すのはありえないでしょう。

2番目は<製薬会社など企業の仕事につくこと>です。 「治験業務」など新薬開発の仕事や「MR」や「MS」といった営業関係など幅広い職種があり最近は薬剤師の就職先で人気になっています。その理由としては土日祝日の休みがとりやすいからです。 けれども企業の中でも繁忙期になると休日勤務はあり得ます。

3番目は<病院勤務>の薬剤師です。 土曜日は出勤になるケースが多いですが日曜と祝日は病院は基本的に休みです。 土曜日以外の平日が休みになってことが多いですから休日はとりやすいです。

これ以外にもパートタイムで土日祝日は休みという条件で働くパターンもあります。 以上、薬剤師求人で土日の休みが取れるかどうかの話をしました。 土日の休みがとりにくいのがドラッグストアです。 調剤薬局の場合はクリニックの運営に合わせている場合があるので土日祝日が休みとも限らないです。

↑ PAGE TOP